スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転職時に看護師免許を紛失していたら・・再発行手続きを行いましょう!

看護師免許は取得するのも非常に大変なので、一度取得した後は大切に保管しておくと思います。しかし何らかの事情によって破損したり、汚れてしまったり、紛失してしまうこともあります。
そのような事態が起きた時には看護師免許の再発行手続きを行いましょう。再発行手続きについては准看護師免許も正看護師免許も同様に行う必要がありますが、申請書類等は異なるので、保健所に問い合わせてみると良いでしょう。

看護師免許の再発行の申請も基本的には氏名変更などの手続きと同様に行います。申請書類も各都道府県の保健所に置いてあるので確認してみましょう。
氏名変更などの申請の際にも手続きに3カ月程度の時間を要するのですが、再発行も同様に時間がかかるのでなるべく大切に保管するようにして、また不具合を発見した際にはすぐに届け出を行うようにしましょう。

看護師免許の再発行に必要な書類としては、申請書類、住民票、収入印紙代として3000円程度かかります。更に破損や汚れの場合には、所持している看護師免許証も必要となるので忘れずに持って行って下さい。

看護師免許を再発行してもらう理由としては、ペットにかじられてしまった、引越しの際に紛失や破損してしまったというケースが多いようです。一度就職してしまうと、免許証を提示することはなかなかないので、転職などの際に紛失に気付くというケースもあるようです。定期的に確認する癖を付けておくと良いかも知れませんね。

注意点としては、再発行の申請書類には国家試験を受けた受験日時や受験番号等を記入しなければならないようです。破損や汚れの場合、以前の免許証があるのですぐに確認できると思いますが、紛失の場合には保健所に問い合わせる必要があるのでなるべく早く準備しておきましょう。

また、再発行の手続き中は看護師として働けないということもあるようです。そうなるとせっかく決まっていた転職が駄目になったり、収入面においても不都合を生じることがあるので、免許を取得した時点で氏名変更や再発行手続きのことも調べておくことをお勧めします。



転職時に気を付けたい看護師免許の書き換え

看護師の国家試験に受かり、見事看護師免許を取得した後に、結婚や離婚によってそれまで名乗っていた氏名が変わることもあると思います。
その際には看護師免許の書き換えという手続きを行わなければなりません。
書き換えには3カ月程度の期間を要するため、書類に不備がないように万全の準備を整えておきましょう。

注意したい点としては、氏名変更が看護師免許の書き換えよりも先に行われてしまうと免許が無効となってしまいます。難関の国家試験を突破して免許を取得したので、無効とならないように氏名変更が決まった時点から準備を進めておいた方が良いでしょう。

特に転職等で現在の職場から別の職場に移る時には免許提示が確実となるので、必ず忘れないようにして下さい。

書き換え申請を行う場面としては、氏名が変わる時、本籍地が変わる時、出身国の国籍が変わる時となります。本籍地は同じ県内であれば書き換えを行う必要はありませんが、結婚などによって別の県に移る際には必ず必要となります。

書き換え申請の手順としては、まず各都道府県の保健所に行き、申請書類を貰ってきます。必要な書類としては、戸籍抄本か戸籍謄本、印鑑、看護師免許になります。看護師免許はコピーではなく、本物が必要となるので気を付けて下さい。
また、申請書類には収入印紙を貼る必要があります。1枚1000円なので、手数料と考えると良いでしょう。ただし、手続きを2件以上行う場合は件数分必要になります。

看護師免許の書き換えは氏名変更等の事実が起こる前に行うのが基本ですが、何らかの事情で出来ない場合には遅れて申請することも可能となります。その際には遅延理由書を申請書類と一緒に提出することになります。遅延理由書も保健所に一緒に置いてあるので事務の方などに確認してみると良いでしょう。

看護師という職業柄、申請手続きは非常に手間な作業ではありますが、忘れるとせっかく取得した免許が使用できなくなってしまう危険性があるので、必ず行うようにして下さい。

看護師免許の氏名変更と転職

看護師免許を取得した後に結婚したり、離婚したりといった氏名が変わる事態になることもあると思います。氏名変更があった場合には必ず手続きを行わなければなりません。

氏名変更を行わないと免許が無効となることもあるので注意しなければなりません。特に結婚や出産によって一度現場を離れた方が再就職や転職をする際には気を付けるようにしましょう。
つい、旧姓のまま看護師免許を提示してしまうことがあるのですが、看護師は命に関わる仕事をしているため、特に氏名変更などの手続きの重要性が問われるのです。

看護師免許自体が本人確認や身元確認書類となるので、信用を得るためには絶対に必要になります。

また、もう一つ注意したいのが、看護師免許を取得した後に働かずにそのまま結婚するケースです。看護師免許を取得し、そのまま仕事に就いた方であれば一度は看護師免許を提示することになるので、例えばその後に結婚などで氏名変更があれば手続きもスムーズに行えます。
しかし、看護師として働く以前に結婚などで氏名変更となると変更手続きを行うのを忘れてしまうケースが多いのです。そのまま何年か経って子育てなども一段落したからいざ看護師として働こうという時に手続きを行わなければならないことも多いので気を付けましょう。

氏名変更には3カ月程度かかるので、転職先が決まっていたとしても変更手続きが完了しなければ働けないという場合もあるのです。
看護師免許の氏名変更にはいくつかの書類も必要になります。書類の中には戸籍抄本もあり、本籍地から取り寄せなければならない場合もあるので早めに準備をしておくようにしましょう。

また、印鑑が必要であったり、提出先が保健事務所であったりと他の免許に比べると面倒な点も多いのでいつ氏名変更等が起こっても良いように何が必要なのかあらかじめ調べておくと便利です。

特に最近は看護師の離婚が急増しているようです。看護師という職業は女性にとって手に職を持つということに相応しく、女性の職種にしては収入面においても優れていることから、離婚しても一人でやっていけるという自信に繋がるようです。もちろん離婚の際にも氏名変更は必要であり、その際には旧姓を証明する書類等も必要なので注意しておきましょう。

転職に必要な看護師免許を取得する方法

看護師免許には准看護師免許と正看護師免許があります。准看護師免許は地方自治体が実施する試験を受ける必要があり、正看護師免許は国家試験を受ける必要があります。
転職に有利とされるのは正看護師免許なので、准看護師免許を取得している方でもスキルアップのために国家試験
を目指す方は多くいます。

看護師免許を取得するための方法としては、大きく分けると学校に通う、独学という2つの方法があります。まず准看護師資格ですが、中学校卒業後に准看護師養成学校に通うか衛生看護科のある高校に通うという方法があります。いずれも卒業前に准看護師試験を受け、合格することで卒業後すぐに准看護師として働くことが出来ます。

次に正看護師資格ですが、高校卒業後に専門学校等、看護師養成所において3年間学び国家試験に臨む方法、看護系大学で4年か看護系短期大学で3年学んだ後に国家試験に臨む方法があります。いずれも卒業前に試験を受け合格した後は正看護師として働くことが出来ます。

また、准看護師から正看護師にステップアップしたい方は准看護師として3年以上実務経験を積んだ後に専門学校等で2年勉学に励むことで国家試験を受けることが出来ます。

看護師免許を取得した後も自分次第でステップアップすることはいくらでも出来るので、転職や再就職への道も他の職種に比べると開けやすいと言えるでしょう。

正看護師は国家試験ということもあり、かなりの難関となっていますが一度取得すれば生涯免許となるため、その後の転職等にも有利に働いてくれます。
そういった理由から、結婚や出産等で一度現場を離れた方も正看護師としての資格を取得した後に再就職するという方が多くなっています。

正看護師となった後は婦長になれるなどの昇進も期待できますが、更なるステップアップとして、専門看護師や認定看護師資格を目指すことも出来ます。専門的な分野において更なる知識を磨くことで患者さんに対してより高い技術を提供できるようになったり、同じ看護師に対して指導的立場に立てるようにもなり、収入面においても優遇される可能性が高くなります。

看護師の生涯免許って何?転職にも有利!?

看護師という職業に憧れる方は多いと思います。例えば小さい頃、病気で入院していた時に優しい看護師さんのお世話になり、自分も大きくなったら人の役に立つようになりたいと考えて志すという方も多いようです。更に、母親が看護師として実際に働いている姿を見て、医療の道を志すという子供も少なくありません。

看護師として働くためにはまず、看護師免許を取得しなければなりません。看護師の資格は国家資格で非常に難関とされていますが、一度取得すれば一生はく奪されることのない生涯免許となっているので、例えば出産や子育てなどで一度現場を離れたとしても再就職や転職できる可能性が非常に高いというメリットがあります。

また、看護師にも色々な種類があります。一般的によく耳にするのが、「准看護師」と「正看護師」だと思います。仕事内容としては見た目的には両者にほとんど変わりはないのですが、准看護師は正看護師などの指示なしに看護が行えないなどの決まりがあり、給与水準も低いのでほとんどの方が正看護師としての資格取得を目指しています。

更に最近では男性の看護師も年々増加傾向にあり、その影響もあって昔は「看護婦」と呼ばれていた呼び名が「看護師」へと変化しました。まだまだ女性というイメージが強い職種ではありますが、力仕事なども多いので男性も重宝される仕事場だと言えます。

看護師は力仕事だと書きましたが夜勤もありますし、残業も多いなど他の職種に比べるときつそうに見えるかも知れません。しかし、それは命を預かる仕事だからであって、責任感を持ってやっていかなければならない職種だと言えます。
しかし、現実的には看護師の免許を取得してもこのような現実があるので、実際に働く方は少なくなってきています。その一方で、出産や子育てを終えて再就職する方が働きやすいように、自分の都合のよい時間帯や職場を選べる背景もあるので、再就職や転職の際には自分の条件とよく照らし合わせてみてみると良いでしょう。
カテゴリ
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。