スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現在の看護師不足の深刻さと転職の有利さ

現在日本の医療界は危機を迎えています。それはどこの病院でも医師不足、看護師不足となっている現状です。医療はどんどんと高度化しているため、日々覚える作業は多くなっています。また、ベッドの稼働率を上げるための政策も各病院で行われていて、そのために看護師は人手不足の中、無理な労働を強いられることが多いのです。
残業をしても残業代がつかなかったり、有給があるのに思うように取れないといった事実があります。
現実的に月に60時間以上ものサービス残業を強いられ過労によって倒れたという看護師も少なくありません。

こういった多忙さから看護師を辞める方も多く、そのためますます看護師不足に拍車がかかっている状況です。現状を知っているからこそ、難関の国家試験を突破したのにも関わらず、実際の仕事には就かないという方も多くいるのです。

しかし、反対に考えると看護師という職種に転職を希望する方にとってはかなり有利な状況だと言えます。看護師免許さえ取得してしまえば現状から言うと、就職先はいくらでもあると考えられるのです。
また、それ故に自分の希望条件にあった職場を探すことも可能となります。
例えば、子供がまだ小さいので日勤だけの勤務にしたり、平日のみ働くということも可能になります。収入面においてあまりアップを期待しないのであれば。総合病院ではなく、クリニックの看護師として働けばある程度時間に余裕のある生活になると言えます。

収入面でのアップを希望する方は看護師免許を取得するだけでなく、更に上の認定看護師や専門看護師の資格を取ることでスキルアップも望めます。実際に転職を希望する方の多くが自分の希望に沿った転職先を見つけているのです。

現在の職場に不満がある方は一度真剣に将来を考えてみるのも良いかも知れません。もちろん看護師の仕事というのは職場環境だけにある訳ではありませんが、自分の身体が第一なので、労働条件の確認なども再度行ってみると良いでしょう。

残業なしの看護師の求人情報を探せるサイトはこちら。参考にしてみてください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。