スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際看護師免許で海外で転職を!

世の中がグローバル化してきて、海外で働く日本人も多くなってきています。それは医療の世界でも同じで、日本で看護師免許を取得した後に広く海外に出て働きたいと考える方もいるようです。

基本的に日本で看護師の国家試験を受け、看護師免許を取得したものは日本国内でのみ有効となります。国際看護師免許というものは実際には存在せず、日本国外で看護師として働きたいと思えば、それぞれの国に行って新たにその国の言葉で看護師試験を受ける必要があるのです。

そのため、医療知識の他に語学力が必要となります。医療用語など難しい言葉も多いので日本で看護師免許を取得するよりも更に難関となるでしょう。

例えばアメリカやイギリスでは国語力のテストが必須であったり、イギリスでは臨床実習をしなければならなかったりします。また、アメリカの看護師の場合は非常にスキルが高く、医師と同様の医療知識が必要となるようです。アメリカでは定期的に看護師免許の更新を行わなければならないので日々勉強ということになるでしょう。

また、国境なき医師団のようにボランティアなどで発展途上国に行く場合には日本の看護師免許だけで仕事が出来るようです。これはあくまでも日本のボランティアとして行くためだからです。

国際的に活躍したいという大きな目標を持って国際派看護師を目指す方もいますが、日本の職場環境が自分に合わずに海外に行くという方もいるようです。日本では看護師のサービス残業は当たり前のように行われていますが、例えばアメリカでは勤務時間帯がきちんとしているのでサービス残業という言葉自体が存在しませんし、スキルが認められればそれだけ昇進する機会も多くなるのでやりがいがあります。
そのため、転職先として海外を選択する方も多くなってきています。

やりがいを見つければ働く場所は日本でも海外でも変わりはないかも知れませんが、一つの選択肢として海外を検討してみるのも良いかもしれません。

健康によい食べる水素の通販サイト
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。