スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転職時に看護師免許を紛失していたら・・再発行手続きを行いましょう!

看護師免許は取得するのも非常に大変なので、一度取得した後は大切に保管しておくと思います。しかし何らかの事情によって破損したり、汚れてしまったり、紛失してしまうこともあります。
そのような事態が起きた時には看護師免許の再発行手続きを行いましょう。再発行手続きについては准看護師免許も正看護師免許も同様に行う必要がありますが、申請書類等は異なるので、保健所に問い合わせてみると良いでしょう。

看護師免許の再発行の申請も基本的には氏名変更などの手続きと同様に行います。申請書類も各都道府県の保健所に置いてあるので確認してみましょう。
氏名変更などの申請の際にも手続きに3カ月程度の時間を要するのですが、再発行も同様に時間がかかるのでなるべく大切に保管するようにして、また不具合を発見した際にはすぐに届け出を行うようにしましょう。

看護師免許の再発行に必要な書類としては、申請書類、住民票、収入印紙代として3000円程度かかります。更に破損や汚れの場合には、所持している看護師免許証も必要となるので忘れずに持って行って下さい。

看護師免許を再発行してもらう理由としては、ペットにかじられてしまった、引越しの際に紛失や破損してしまったというケースが多いようです。一度就職してしまうと、免許証を提示することはなかなかないので、転職などの際に紛失に気付くというケースもあるようです。定期的に確認する癖を付けておくと良いかも知れませんね。

注意点としては、再発行の申請書類には国家試験を受けた受験日時や受験番号等を記入しなければならないようです。破損や汚れの場合、以前の免許証があるのですぐに確認できると思いますが、紛失の場合には保健所に問い合わせる必要があるのでなるべく早く準備しておきましょう。

また、再発行の手続き中は看護師として働けないということもあるようです。そうなるとせっかく決まっていた転職が駄目になったり、収入面においても不都合を生じることがあるので、免許を取得した時点で氏名変更や再発行手続きのことも調べておくことをお勧めします。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。