スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

看護師免許の氏名変更と転職

看護師免許を取得した後に結婚したり、離婚したりといった氏名が変わる事態になることもあると思います。氏名変更があった場合には必ず手続きを行わなければなりません。

氏名変更を行わないと免許が無効となることもあるので注意しなければなりません。特に結婚や出産によって一度現場を離れた方が再就職や転職をする際には気を付けるようにしましょう。
つい、旧姓のまま看護師免許を提示してしまうことがあるのですが、看護師は命に関わる仕事をしているため、特に氏名変更などの手続きの重要性が問われるのです。

看護師免許自体が本人確認や身元確認書類となるので、信用を得るためには絶対に必要になります。

また、もう一つ注意したいのが、看護師免許を取得した後に働かずにそのまま結婚するケースです。看護師免許を取得し、そのまま仕事に就いた方であれば一度は看護師免許を提示することになるので、例えばその後に結婚などで氏名変更があれば手続きもスムーズに行えます。
しかし、看護師として働く以前に結婚などで氏名変更となると変更手続きを行うのを忘れてしまうケースが多いのです。そのまま何年か経って子育てなども一段落したからいざ看護師として働こうという時に手続きを行わなければならないことも多いので気を付けましょう。

氏名変更には3カ月程度かかるので、転職先が決まっていたとしても変更手続きが完了しなければ働けないという場合もあるのです。
看護師免許の氏名変更にはいくつかの書類も必要になります。書類の中には戸籍抄本もあり、本籍地から取り寄せなければならない場合もあるので早めに準備をしておくようにしましょう。

また、印鑑が必要であったり、提出先が保健事務所であったりと他の免許に比べると面倒な点も多いのでいつ氏名変更等が起こっても良いように何が必要なのかあらかじめ調べておくと便利です。

特に最近は看護師の離婚が急増しているようです。看護師という職業は女性にとって手に職を持つということに相応しく、女性の職種にしては収入面においても優れていることから、離婚しても一人でやっていけるという自信に繋がるようです。もちろん離婚の際にも氏名変更は必要であり、その際には旧姓を証明する書類等も必要なので注意しておきましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。