スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転職に必要な看護師免許を取得する方法

看護師免許には准看護師免許と正看護師免許があります。准看護師免許は地方自治体が実施する試験を受ける必要があり、正看護師免許は国家試験を受ける必要があります。
転職に有利とされるのは正看護師免許なので、准看護師免許を取得している方でもスキルアップのために国家試験
を目指す方は多くいます。

看護師免許を取得するための方法としては、大きく分けると学校に通う、独学という2つの方法があります。まず准看護師資格ですが、中学校卒業後に准看護師養成学校に通うか衛生看護科のある高校に通うという方法があります。いずれも卒業前に准看護師試験を受け、合格することで卒業後すぐに准看護師として働くことが出来ます。

次に正看護師資格ですが、高校卒業後に専門学校等、看護師養成所において3年間学び国家試験に臨む方法、看護系大学で4年か看護系短期大学で3年学んだ後に国家試験に臨む方法があります。いずれも卒業前に試験を受け合格した後は正看護師として働くことが出来ます。

また、准看護師から正看護師にステップアップしたい方は准看護師として3年以上実務経験を積んだ後に専門学校等で2年勉学に励むことで国家試験を受けることが出来ます。

看護師免許を取得した後も自分次第でステップアップすることはいくらでも出来るので、転職や再就職への道も他の職種に比べると開けやすいと言えるでしょう。

正看護師は国家試験ということもあり、かなりの難関となっていますが一度取得すれば生涯免許となるため、その後の転職等にも有利に働いてくれます。
そういった理由から、結婚や出産等で一度現場を離れた方も正看護師としての資格を取得した後に再就職するという方が多くなっています。

正看護師となった後は婦長になれるなどの昇進も期待できますが、更なるステップアップとして、専門看護師や認定看護師資格を目指すことも出来ます。専門的な分野において更なる知識を磨くことで患者さんに対してより高い技術を提供できるようになったり、同じ看護師に対して指導的立場に立てるようにもなり、収入面においても優遇される可能性が高くなります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。