スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

看護師の生涯免許って何?転職にも有利!?

看護師という職業に憧れる方は多いと思います。例えば小さい頃、病気で入院していた時に優しい看護師さんのお世話になり、自分も大きくなったら人の役に立つようになりたいと考えて志すという方も多いようです。更に、母親が看護師として実際に働いている姿を見て、医療の道を志すという子供も少なくありません。

看護師として働くためにはまず、看護師免許を取得しなければなりません。看護師の資格は国家資格で非常に難関とされていますが、一度取得すれば一生はく奪されることのない生涯免許となっているので、例えば出産や子育てなどで一度現場を離れたとしても再就職や転職できる可能性が非常に高いというメリットがあります。

また、看護師にも色々な種類があります。一般的によく耳にするのが、「准看護師」と「正看護師」だと思います。仕事内容としては見た目的には両者にほとんど変わりはないのですが、准看護師は正看護師などの指示なしに看護が行えないなどの決まりがあり、給与水準も低いのでほとんどの方が正看護師としての資格取得を目指しています。

更に最近では男性の看護師も年々増加傾向にあり、その影響もあって昔は「看護婦」と呼ばれていた呼び名が「看護師」へと変化しました。まだまだ女性というイメージが強い職種ではありますが、力仕事なども多いので男性も重宝される仕事場だと言えます。

看護師は力仕事だと書きましたが夜勤もありますし、残業も多いなど他の職種に比べるときつそうに見えるかも知れません。しかし、それは命を預かる仕事だからであって、責任感を持ってやっていかなければならない職種だと言えます。
しかし、現実的には看護師の免許を取得してもこのような現実があるので、実際に働く方は少なくなってきています。その一方で、出産や子育てを終えて再就職する方が働きやすいように、自分の都合のよい時間帯や職場を選べる背景もあるので、再就職や転職の際には自分の条件とよく照らし合わせてみてみると良いでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。