スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際看護師免許で海外で転職を!

世の中がグローバル化してきて、海外で働く日本人も多くなってきています。それは医療の世界でも同じで、日本で看護師免許を取得した後に広く海外に出て働きたいと考える方もいるようです。

基本的に日本で看護師の国家試験を受け、看護師免許を取得したものは日本国内でのみ有効となります。国際看護師免許というものは実際には存在せず、日本国外で看護師として働きたいと思えば、それぞれの国に行って新たにその国の言葉で看護師試験を受ける必要があるのです。

そのため、医療知識の他に語学力が必要となります。医療用語など難しい言葉も多いので日本で看護師免許を取得するよりも更に難関となるでしょう。

例えばアメリカやイギリスでは国語力のテストが必須であったり、イギリスでは臨床実習をしなければならなかったりします。また、アメリカの看護師の場合は非常にスキルが高く、医師と同様の医療知識が必要となるようです。アメリカでは定期的に看護師免許の更新を行わなければならないので日々勉強ということになるでしょう。

また、国境なき医師団のようにボランティアなどで発展途上国に行く場合には日本の看護師免許だけで仕事が出来るようです。これはあくまでも日本のボランティアとして行くためだからです。

国際的に活躍したいという大きな目標を持って国際派看護師を目指す方もいますが、日本の職場環境が自分に合わずに海外に行くという方もいるようです。日本では看護師のサービス残業は当たり前のように行われていますが、例えばアメリカでは勤務時間帯がきちんとしているのでサービス残業という言葉自体が存在しませんし、スキルが認められればそれだけ昇進する機会も多くなるのでやりがいがあります。
そのため、転職先として海外を選択する方も多くなってきています。

やりがいを見つければ働く場所は日本でも海外でも変わりはないかも知れませんが、一つの選択肢として海外を検討してみるのも良いかもしれません。

健康によい食べる水素の通販サイト
スポンサーサイト

看護師免許の申請と転職

看護学校などに行き、国家試験に合格すればそのまま看護師として働けると思っている方も多いと思いますが、実は試験に合格しただけでは仕事に従事することは出来ないのです。この申請手続きは保健師助産師看護師法という法律によって定められているもので、いかなる事情があっても避けることは出来ません。

国家試験に合格したという証をしかるべき機関に申請し、看護師免許というものを発行してもらわなければなりません。

看護師を始めとする医療従事者の申請は全て各都道府県の保健所で行っています。自分の住所を管轄する保健所に出向いて、まずは申請書類を入手しましょう。
その他の必要書類としては、発行から6カ月以内の戸籍抄本か戸籍謄本、登録済み証明書用のハガキ、収入印紙代9000円、診断書となります。これから看護師として仕事をするにあたり、ある程度自分の健康状態を知っておく必要があるため、診断書が必要となります。
所定の病院に行き、医師の証明を貰うようにしましょう。

准看護師の場合には、収入印紙代は5600円になります。登録済み証明書ではなく、合格証が必要となるので準備しておきましょう。

必要書類のうち一つでも欠けてしまうと申請が遅れることがあります。申請が遅れればそれだけ看護師として働く時間が遅くなってしまうので、合格した時点で何が必要なのかをきちんと把握しておきましょう。

看護師免許の申請は新規に免許証を貰う時だけでなく、氏名変更があったり住所変更や戸籍変更、また紛失や破損などの場合にも必要となります。
それぞれの事情によって申請期間も異なりますが、通常3カ月程度や要するということなので、転職などで次の職場への仕事始めが決まっている場合にはなるべく早く申請を行うようにしましょう。

最近では看護師という職を目指して難関の国家試験を突破したのに、就職事情や看護師の仕事の内容を知ることによって実際に仕事に就かずに、合格証書を持っているだけという方も多くなっているようです。
そのような場合に免許の申請を忘れるということも多いので合格した際にはすぐに申請を行うようにしましょう。


転職時に看護師免許を紛失していたら・・再発行手続きを行いましょう!

看護師免許は取得するのも非常に大変なので、一度取得した後は大切に保管しておくと思います。しかし何らかの事情によって破損したり、汚れてしまったり、紛失してしまうこともあります。
そのような事態が起きた時には看護師免許の再発行手続きを行いましょう。再発行手続きについては准看護師免許も正看護師免許も同様に行う必要がありますが、申請書類等は異なるので、保健所に問い合わせてみると良いでしょう。

看護師免許の再発行の申請も基本的には氏名変更などの手続きと同様に行います。申請書類も各都道府県の保健所に置いてあるので確認してみましょう。
氏名変更などの申請の際にも手続きに3カ月程度の時間を要するのですが、再発行も同様に時間がかかるのでなるべく大切に保管するようにして、また不具合を発見した際にはすぐに届け出を行うようにしましょう。

看護師免許の再発行に必要な書類としては、申請書類、住民票、収入印紙代として3000円程度かかります。更に破損や汚れの場合には、所持している看護師免許証も必要となるので忘れずに持って行って下さい。

看護師免許を再発行してもらう理由としては、ペットにかじられてしまった、引越しの際に紛失や破損してしまったというケースが多いようです。一度就職してしまうと、免許証を提示することはなかなかないので、転職などの際に紛失に気付くというケースもあるようです。定期的に確認する癖を付けておくと良いかも知れませんね。

注意点としては、再発行の申請書類には国家試験を受けた受験日時や受験番号等を記入しなければならないようです。破損や汚れの場合、以前の免許証があるのですぐに確認できると思いますが、紛失の場合には保健所に問い合わせる必要があるのでなるべく早く準備しておきましょう。

また、再発行の手続き中は看護師として働けないということもあるようです。そうなるとせっかく決まっていた転職が駄目になったり、収入面においても不都合を生じることがあるので、免許を取得した時点で氏名変更や再発行手続きのことも調べておくことをお勧めします。



転職時に気を付けたい看護師免許の書き換え

看護師の国家試験に受かり、見事看護師免許を取得した後に、結婚や離婚によってそれまで名乗っていた氏名が変わることもあると思います。
その際には看護師免許の書き換えという手続きを行わなければなりません。
書き換えには3カ月程度の期間を要するため、書類に不備がないように万全の準備を整えておきましょう。

注意したい点としては、氏名変更が看護師免許の書き換えよりも先に行われてしまうと免許が無効となってしまいます。難関の国家試験を突破して免許を取得したので、無効とならないように氏名変更が決まった時点から準備を進めておいた方が良いでしょう。

特に転職等で現在の職場から別の職場に移る時には免許提示が確実となるので、必ず忘れないようにして下さい。

書き換え申請を行う場面としては、氏名が変わる時、本籍地が変わる時、出身国の国籍が変わる時となります。本籍地は同じ県内であれば書き換えを行う必要はありませんが、結婚などによって別の県に移る際には必ず必要となります。

書き換え申請の手順としては、まず各都道府県の保健所に行き、申請書類を貰ってきます。必要な書類としては、戸籍抄本か戸籍謄本、印鑑、看護師免許になります。看護師免許はコピーではなく、本物が必要となるので気を付けて下さい。
また、申請書類には収入印紙を貼る必要があります。1枚1000円なので、手数料と考えると良いでしょう。ただし、手続きを2件以上行う場合は件数分必要になります。

看護師免許の書き換えは氏名変更等の事実が起こる前に行うのが基本ですが、何らかの事情で出来ない場合には遅れて申請することも可能となります。その際には遅延理由書を申請書類と一緒に提出することになります。遅延理由書も保健所に一緒に置いてあるので事務の方などに確認してみると良いでしょう。

看護師という職業柄、申請手続きは非常に手間な作業ではありますが、忘れるとせっかく取得した免許が使用できなくなってしまう危険性があるので、必ず行うようにして下さい。

看護師免許の氏名変更と転職

看護師免許を取得した後に結婚したり、離婚したりといった氏名が変わる事態になることもあると思います。氏名変更があった場合には必ず手続きを行わなければなりません。

氏名変更を行わないと免許が無効となることもあるので注意しなければなりません。特に結婚や出産によって一度現場を離れた方が再就職や転職をする際には気を付けるようにしましょう。
つい、旧姓のまま看護師免許を提示してしまうことがあるのですが、看護師は命に関わる仕事をしているため、特に氏名変更などの手続きの重要性が問われるのです。

看護師免許自体が本人確認や身元確認書類となるので、信用を得るためには絶対に必要になります。

また、もう一つ注意したいのが、看護師免許を取得した後に働かずにそのまま結婚するケースです。看護師免許を取得し、そのまま仕事に就いた方であれば一度は看護師免許を提示することになるので、例えばその後に結婚などで氏名変更があれば手続きもスムーズに行えます。
しかし、看護師として働く以前に結婚などで氏名変更となると変更手続きを行うのを忘れてしまうケースが多いのです。そのまま何年か経って子育てなども一段落したからいざ看護師として働こうという時に手続きを行わなければならないことも多いので気を付けましょう。

氏名変更には3カ月程度かかるので、転職先が決まっていたとしても変更手続きが完了しなければ働けないという場合もあるのです。
看護師免許の氏名変更にはいくつかの書類も必要になります。書類の中には戸籍抄本もあり、本籍地から取り寄せなければならない場合もあるので早めに準備をしておくようにしましょう。

また、印鑑が必要であったり、提出先が保健事務所であったりと他の免許に比べると面倒な点も多いのでいつ氏名変更等が起こっても良いように何が必要なのかあらかじめ調べておくと便利です。

特に最近は看護師の離婚が急増しているようです。看護師という職業は女性にとって手に職を持つということに相応しく、女性の職種にしては収入面においても優れていることから、離婚しても一人でやっていけるという自信に繋がるようです。もちろん離婚の際にも氏名変更は必要であり、その際には旧姓を証明する書類等も必要なので注意しておきましょう。
カテゴリ
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。